HOME>注目記事>安くお得に安心を買う方法と税金を安く抑える手順

税金を抑える方法

相談

保険に加入することで、支払った料金は所得から引かれ税金が安くなります。いわゆる節税対策になる訳ですが、ルールやマナーを知らないと申請が却下される場合があるので注意が必要です。節税するうえで大切なのは、税務署から指示されたルールに従うという点です。手順通りに行っていないなら、本来支払う必要のない税金を払うことになるのでこの部分を知っているかどうかは、家計にも大きく響いてきます。これから保険に加入し節税対策をしようと考えている方のために、アドバイスを紹介します。とても大切なのは、どの保険で節税をしようとするのか前もって考えておきましょう。ここがブレてしまうと将来どれだけのお金が浮くのか、分かりにくくなってしまいます。

選ぶ基準を知っておこう

男性

どの保険を使って節税対策をするにしても、まずは選ぶ基準を知っておかなければなりません。生命保険や損害保険で支払った料金は、控除の対象になります。ですが、保険料を支払っている人の所得から控除されます。1人暮らしなら特に問題はないですが、夫婦や2世帯で一緒に生活をしている場合は注意しましょう。どれほどの料金を支払っているのか計算し、そこからどれだけ節税できるのか前もって考えておきます。

賢い選び方

電卓とお金

生命保険や損害保険など、多くの商品があり支払った金額の控除ができます。ただ、節税対策ができる商品はとても多いのでどうやって加入する保険を選んだらいいのか悩んでしまう人も少なくありません。賢い選び方は、見積を依頼したり専門家の方に聞いてみたりするという点が挙げられます。時間がどうしてもかかってしまいますが、保険は安心を買うものなので、健康で何も起きていないうちに時間を取ってじっくりと考えることが賢く選ぶうえで欠かせません。

広告募集中